君と逢える約束の場所

A Promised Place
- I wish to see you there

宇宙は分離でできていない……
そのすべては、愛でできている

The universe is not made of separation, Everything is made of love...

Tina


死を超えるひみつが、そこには書かれていた
永遠の命は本当にあった…

Secret beyond death was written there
Eternal life really existed...

死とは
あなた方が分子と呼ばれているものの
終わりのことに過ぎません。
同じく、あなた方が呼んでいる
電子や素粒子と呼ぶものの終わりは、
決してありません…。
ティナ

What is death?
What you call molecules is nothing but end.
What you call electrons and elementary particles never end, as well…

科学者以外、
いや、科学的視座から以外、人類は救えない…
だけど、科学者たちはあまりにも目覚めていない…
世界中の科学者は、
素粒子が創造の主体的ものの
想念であることに気づかなければならない…
そしてすべてが一体であること、一者であることにも…
それゆえに、この世界が愛であることに
今、僕たち人類には、気づくときが、訪れてきている…
吉野たける

Scientists are not at all awaken, however…
Scientists of all over the world should realize that elementary particles are thoughts of the subject of creation…
And everything is connected as one, and one being, as well…
Time has come for humanity to realize that this world is love…
Takeru Yoshino

introduction​

1万年の時をこえて…ふたりは愛しあった…。

君と逢える約束の場所
しかし、二度と逢えなくなった…。

1万年ほど前、
この星は霊的世界から半物質的世界へと変わりつつあった…。
この物語は、その世界へプラズマの装置により
現在2022年からタイムワープ
した少年 タケルとその時代の少女 ティナとの愛の物語である。

今から1万年ほど前…
世界は、まだ半霊半物質だった…。
2020年…人類の分離は極限をむかえ、
終焉のときをむかえようとしていた…。

戦時中、量子力学の博士であり日本軍の原爆をつくっていた
研究者の息子、誠。
彼はT大の農学部の博士で、原子変換する菌の特性、
細菌が原子変換ができることについてのプラズマの研究家だった。
彼の自宅の地下には、量子力学の研究のための地下施設があり、
そこにはプラズマのタイムテレポートの機器が隠されていた。

若かりし頃 彼は自分の開発したプラズマの
テレポーテーション機器を使って、
想念的世界で1万年前
半霊半物質の時代に行きついてしまった……。

その時代はみなが自由に空中を飛べ、半霊半物質で現実感が薄く、
みなが安心安全に暮らしていた。
彼はそこで長から 大切なことをたくさん伝えられた…。

そんな彼には高校一年生の少年 タケルという息子がいた。
彼は、息子のタケルに、若かりし日過ごした半霊半物質の体験や想い出。
地下に隠しているプラズマのタイムテレポートの
仕組みについてもすべて伝えた。

自分の父の体験を自分も体験したいと願うタケルは、
1人で半霊半物質の世界にプラズマのタイムテレポートで出発する。
そこで、その時代の長の子である少女 ティナに出逢う…。

ティナは空中を自由に飛ぶことができる。
彼女と手をつなぎ、タケルも自由に一緒に空をとぶことができた。
半霊半物質の世界をティナの案内で一緒に過ごしゆく中で、
ふたりはお互いにひかれあっていく…。
その世界での時間はあっという間に流れて…。

タケルは2022年の現代に戻らなくてはならなくなりタケルとティナは
約束の丘の大きな木の下で再会することを固く約束する。

タケルが現代の日本に帰ってくると、研究所のプラズマの装置が
秘密結社の人々によって破壊され、盗まれて、父 誠が殺されてしまう。

そのために、タケルはティナと約束をした場所に戻れなくなってしまう…。
分離感の強い、現実感の強い現代に生きる彼タケルと、
半霊半物質の世界に生きるティナとでは、
物質化の濃度があまりにも激しく違うためタケルはティナの待つ、
約束の丘に二度とむかうことはできなくなってしまった…。

月日は流れ続けるのに…。
ふたりがどんなに逢いたいと願っても。
約束の場所にゆくことはできなかった…。

この世界は科学的一体である愛の世界でできているのに…。
分離感が極限まできて悲しみの世界となったそんな中
それでもまだ、人類は分離して生き続けるのですか…。

Beyond the time of ten thousand years, two of them loved each other. A Promised place where I can see you, however, they could not see each other again…

About ten thousand years ago, the planet was about to change from the spiritual world to the half-material world. This is a love story between Takeru, who time-warped from the year 2022 to the world with a plasma device, and Tina who is a girl of the era.

About ten thousand years ago, the world was still half-spiritual and half-material… In the year 2020, the separation of humanity has reached its ultimate situation, and the world was about to end.

Makoto was the son of a scientist who was a scientist of quantum mechanics and developed the atomic bomb for the Japanese army.

He was a doctor at the Agriculture department of T University. He studied plasma regarding characteristics of germs which transform atoms.
Underground of his home, there was an underground facility for the study of quantum mechanics. And a time-teleportation device was hidden there.

When he was young, he happened to reach the half-spiritual and half-material world of ten thousand years ago with the plasma teleportation device which he developed.
Everybody was able to fly in the air freely in the era. All people lived safety and security as they were half-spiritual and half-material and had less sense of reality.
He had a son named Takeru, a freshman in high school. He told Takeru all about experiences and memories of the half-spiritual and half-material in his youth and the mechanics of plasma time-warp teleportation hidden in the underground.

Takeru, who hopes to have the same experience as his father, headed for the world of half-spiritual and half-material with the plasma time-teleportation device. Then, he met a girl named Tina who is the daughter of the chief in the era.
Tina could fly in the air freely. They began to love each other while spending time in the world of half-spiritual and half-material with her guidance. Time went by quickly in that world.
Takeru had to return to the present time of 2022. They made a firm promise to see each other again under the big tree of the hill of promise.

When Takeru came back to present Japan, he found the plasma device at the laboratory was destroyed and stolen by a secret group, and his father, Makoto, was killed.

For this reason, Takeru couldn’t return to the place where he promised to see again with Tina. While Takeru lived in modern time with a strong sense of separation and reality, Tina lived in a world of half-spiritual and half-material. The degree of materialization was so different between the two worlds. Takeru could not head for the promised hill again, where Tina was waiting for him.
Days continue to pass by. However hard they want to see each other again, he couldn’t go to a place of promise.

This world is made of the love of scientific oneness… Even if it has reached the ultimate sadness caused by a sense of separation, will humanity continue to live in separation?

物語